スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【2009秋・新アニメ初回雑感】とある科学の超電磁砲

鉄板と思っていたが、やっぱり鉄板だった。特に良いというわけでもなければ、メチャクチャ面白いと絶賛するほどじゃないし、予想以上に良かったということもないのだが、“原作を知っていて、その上で期待通りだった”というアニメはそう多くないので、やっぱり良かったと思う。

原作のスピンアウト元作品である「とある魔術の禁書目録」はずっと読み続けているのだが、面白いと感じたのは最初だけで、その後は「話(劇中時間)が進まねぇなぁ」「小難しそうなこと言っても、毎巻同じ展開の繰り返しだなぁ」と思っているので、正直あまり好印象はない。

だからスピンアウト作品にも当初は興味なかったし、ましてやラノベのコミック化は全く読まなかったので、原作のコミック(とある科学の超電磁砲)も3巻が出るまではスルーしていた。

ただ、何かのキッカケに(何だったかは忘れた)3巻全部買って読んだら、ダラダラと話が遅いスピンアウト元作品よりは、単純に面白いと感じて好印象だった。読んで一晩経ったら話の内容を忘れてしまうくらいに中身は空虚だけど、無意味でも面白ければそれで良し、と感じさせた。

だから、アニメ化して原作の分量が足りないからオリジナル展開を付け加えるにしても、そういった良さは持ったままにして欲しいと思っていたが、1話を見る限りその辺は大丈夫な気がした。

この先どうなるかは判らないけど、とりあえず何も考えずに安心して楽しめそうな気はするので、今期では一番楽しみかな。
スポンサーサイト


テーマ : とある科学の超電磁砲
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
リンク
最新記事
スポンサードリンク
お買い物♪
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
プロフィール

あらふぉーじじい

Author:あらふぉーじじい
FC2ブログへようこそ!

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
COUNTER
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。