スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2010年7~9月期終了アニメ感想その1「オオカミさんと七人の仲間たち」

また、3週間ほどブログを書くのが空いてしまったが、公私ともども忙しくて、ブログもtwitterでのつぶやきも、なかなかできない昨今。だけど、今期のアニメも次々と最終回になってるので、感想を書ける限り書く。

とりあえず「けいおん!!」は最終回が終わったとはいえ番外編があるので、それらが終わってからにして、まず「オオカミさんと七人の仲間たち」

オオカミさんと七人の仲間たち 第1巻 [Blu-ray]
オオカミさんと七人の仲間たち 第1巻 [Blu-ray]


ネットでチラチラと見ていた感じでは、前評判が高め?だった分、初回放送以降はイマイチ評価が多かったようだし、途中からは話題にもならなくなったような感じでしたが、個人的にはそこそこ面白く感じてました。

“黒子”の印象が強いままでの、新井里美嬢のナレーションも批判気味に言ってる人が少なくなかったですが、私の場合は、

「過剰なナレーションこそが、この作品の魅力」

だと思っていたし、逆に言えば、あのナレーションがなければイマイチ評価だったかも?と思うくらい。なにせ

「おとぎ話なんだから、ナレーションは必要でしょ」

と普通に感じてましたしね。最初はちょっと面食らいましたが、数話たったら慣れたというか、あのナレーションこそがこの作品だ、と感じられるようになったわけで。

むかし、日本昔話のナレーションがああであったようにね。スタッフも、そのあたりを意識したり、なぞったりしたのでしょうけど。

オオカミさんと七人の仲間たち (電撃文庫) [文庫]
オオカミさんと七人の仲間たち (電撃文庫)

原作ラノベはスルー予定だったけど、今は逆に迷い中


ただ、ネットでちょくちょく言われていたように、鬼が島高校絡みの話はかなり微妙で、そんな半端なシリアスより、ずっと日常系な感じで馬鹿馬鹿しくラブコメやってた方が良かったとは思います。アニメでもラノベでもそうですが、

「中途半端なシリアスさは要らね」

と思うんですよね。だから、最近は何の毒もない日常系アニメの方が好きなことが多いわけですが。

それはともかく、鬼が島高校ラスボス絡みの微妙なストーリーを抜きして、適当にラブコメやって、山なし落ちなしなアニメとしては可もなく不可もなく、メチャクチャ面白いわけではないけど、面白くないわけでもない。

平々凡々ではあるけど、気分転換に流し見るのに何も悪くなかったな~と思います。8月後半から忙しくて、途中結構録画しっぱなしの積まれたアニメが増えた時でも、「けいおん!!」などと並んで、さほど積まれずに消化していってましたしね。

もちろん、そういう評価ゆえ Blu-ray を5千円×6巻も出して買うことはないでしょうから、それを基準にすれば批判されてもおかしくないのでしょうが、私の場合、そうそう Blu-ray を年に何タイトルも買えないというか、お金をアニメに当ててないですからね…

と言いつつ、今期アニメの中では、余裕があったら Blu-ray 買いたいリストに入ってはいます。ま、他に物入りですし、半年後まで買ってるテンションが続かないと思うのでスルーでしょうけどね(今月に全巻 BD-BOX がドーンと売ってたら買うのだろうけど)。
スポンサーサイト


テーマ : オオカミさんと七人の仲間たち
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
リンク
最新記事
スポンサードリンク
お買い物♪
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
プロフィール

あらふぉーじじい

Author:あらふぉーじじい
FC2ブログへようこそ!

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
COUNTER
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。