スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


バカとテストと召喚獣 8巻 読了

なんか随分ぶりな気がしたら、前巻サイドストーリー的な 7.5巻から半年、本筋の7巻からは8ヶ月ぶりですか。もっとも今回8巻の内容は 7.5巻の一章で起きた出来事からの続きになるので、7.5巻は別にサイドストーリーというほどでもなかったわけで…ややこしい巻数の付け方ですな。

ともあれ、半年も間が開いていると、内容はすっかり忘れています。覚えているほど暇じゃない…というより老化現象です。7.5巻で「主人公明久とメインヒロイン瑞希が一時的にせよ、同居することになった」ということは、言われてみれば「あぁ、そんな話もあったね…」という感じでしたが、何故そうなったか完全に忘却。

バカとテストと召喚獣8 (ファミ通文庫) [文庫]
バカとテストと召喚獣8 (ファミ通文庫)


そんなわけで、ひとまず前巻 7.5巻の関連部分を読んでから8巻を読了。

よ~~~やく物語が動き始めたか…


という感じ。特にラストで。

いや、作者のことだから主人公の天然補正をさらに繰り出して、次巻ではなかったことにして、まだダラダラと…となるかもしれませんが、それだけは避けて欲しいものです。

8巻目とはいえ、途中に外伝(か何か判らない)3巻を含んで、もはや11巻。いい加減、終わりに向かって良い頃でしょう。アニメ化もされたし。

と同時に、

少し間が空いたせいか、久しぶりに楽しく読めた


気がします。

このところ、どうも内容がダレダレモードで、初期の頃は楽しく読めていたバカテスも、ここ数巻は今イチ楽しさに欠ける印象でしたが、少しだけ時間を置いて、久しぶり感覚で読んだせいか、結構楽しく読めました。ここ数巻にはなかった感覚な気がします。

もっとも今回は、内容の方も前巻からの引きだった明久・瑞希の同居に絡む話だけでなく、本来の試召戦争も絡ませてドタバタぶりがテンポよく描かれていたので、悪くなかったように思う。あとは

ネガティブな影響を与えまくったアニメから1年経って忘れてきたw


ということもあったように思います。あれはホント、酷かった…

そして何よりも最後のシーンは、次巻での大きな展開、物語の収束への期待感を抱かせるもので、そういう意味でも読後感は良かった。ま、そのほとんどは「ようやく、話が進むか~」的な部分だけど。

いずれにせよ、これで話が進んでいくなら大歓迎。次巻を楽しみにしたい。くれぐれも、明久の天然ボケで元の木阿弥にはなりませんように…
スポンサーサイト


テーマ : バカとテストと召喚獣
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
リンク
最新記事
スポンサードリンク
お買い物♪
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
プロフィール

あらふぉーじじい

Author:あらふぉーじじい
FC2ブログへようこそ!

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
COUNTER
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。