スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

けいおん! 第4巻(コミック最終巻) 雑感

一昨日、アニメ二期も良い感じで終わりを迎え、最後の最後に公表された映画化の“衝撃”もまだ余韻残す今日だが、原作の「けいおん!」コミック最終巻の雑感も軽く書いておこうかと思う。もちろん、月曜に速攻入手して、仕事が終わってからゆっくり読んだ。

アニメの終わり方、特に番外編2での終わり方も良かったのだが、こちらの

「原作らしいアッサリした終わり方も良かった」

と思う。アニメ一期からコミックを読んだ派だけど、原作コミックはこのちょっとクールな感じが、むしろいい感じかなと。

4コマ漫画だから、あまり感情深く展開するより、こういうライトな話の進め方はむしろ読みやすさにもつながるし、なにせページ数に限りがあるからやむを得ないとも思う。

さらに4人が卒業した後の、けいおん部の未来に関して、一応明確な方向が描かれたことは、本当によかった。アニメより明確な分、梓ファンでなくても

「ちょっと救われたな~、本当のハッピーエンドだったなぁ」

と思わせるもので、たった4コマの描写だったけど、本当に大きな4コマだったと思う。

けいおん! (4) (まんがタイムKRコミックス) [コミック]
けいおん! (4) (まんがタイムKRコミックス)


アニメから原作を読み始めたという有りがちなパターンだったわけで、こういう時は

  1. 原作との落差が激しくて、アニメから入った分、原作に馴染めない

  2. 原作の方がずっと良く感じられ、むしろアニメが今イチに感じられてしまって、アニメを見るテンションが落ちる(原作からの改変が嫌になって見なくなる時すらある)


ということが間々あるのだけど、「けいおん!」に関しては全くそういうことがなくて、

アニメも原作コミックも素直に楽しめた

そんな割と珍しい例だった。アニメより原作の方がかなりアッサリ風味なところもあるけれど、それもまた魅力だったように思う。そして、もう少し細かく描写して欲しいところをアニメが補完してくれた、そんな良い相互関係だった。

まぁ確かにアニメがなければ、アニメが京アニということで第1回を見ていなければ、そしてエンディング・テーマが妙に良いなぁ…と気に止めなければ、この原作コミックを読むことはなかったかもしれない。

そういう意味では色々な条件が重なって、このコミックと出会って完結まで読んだわけだが、まぁそれもまた何かの縁、世の中はそういうもんだ。

そして、作者的にはデビュー作にしていきなりの大ブームに巻き込まれて大変だったろうが、本当にお疲れ様でした、と言いたい。そして何よりも

高校卒業で区切りをつけたことは、作者・出版社ともに賞賛に値する

と思う。

商売とはいえ、世の中どれだけの作品が売れたことによって、作品寿命を強引に引き伸ばされ、そして駄作へと堕ちていったことか。そんな作品は古今、枚挙にいとまがないことは言うまでもない。

特にヒット作不足、それ以前の作品不足の中で、作者はともかく、出版社側、編集側もよくここで手放したと思う。もっとも、この1年は完全原作の時間進行ペースも遅くなっていたけれど、それでもこのピーク期に連載終了したなーと思う。

「けいおん!」という作品全体を通してみると、中身も良かったけれど、ここでキチンと区切りをつけたことが一番良かったことだな、と言える。

そんなことを言ってしまうと身も蓋もないかもしれないが、

「きちんと終われない作品が多い中で、きちんと終わることの大切さ」

というのを改めて感じさせてくれたように思う。ホント、いい終わり方だった。
スポンサーサイト

テーマ : けいおん!
ジャンル : アニメ・コミック

義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
リンク
最新記事
スポンサードリンク
お買い物♪
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
プロフィール

あらふぉーじじい

Author:あらふぉーじじい
FC2ブログへようこそ!

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
COUNTER
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。